ヤフオクの話、商売って奥深い

焼酎

10年前ぐらいに友人の要らなくなったスオッチの時計が1500円ぐらいで売れた記憶がアル。

で もって、行きつけのスナックのママから

やっさんこの焼酎、オークションで売れへんカナ?って尋ねられた。

焼酎は「神の河」かんのこと言うらしい
私的には興味もないが
ママ曰く問屋サンの話では、なかなかレアな商品らしい。

「神の河」は一般では出回っているが
ラベルが黒なんです。
ほんでもってオークションで調べると
「神の河」黒ラベルはみつからなかった・・・

そんなもんでママと意気投合!!
これは小遣い稼ぎになると考えた

6本入のダンボールを転売と考え ヤフオクに出品

世の中甘くない

二月も出品するが・・売れません・・
まぁ~別に売れなくてもいいけれど ってママ
くさるもんじゃなし。

売れないって寂しいヤン

ある日ママがやっさん値段下げでも 売ろうって言った
商売じゃなく、反応がナイのがはらだしかったのだろう。

そんでもって2本売りだと買いやすいよネ って

数日で買っていただきました

私は出品を忘れ、後後日出品
また数日で購入していただきました。

まとめ

商売とは いる人、価値をわかっている人に
必要な量を提供することが大切なことを

人間関係でも そぅなんですネ
いらない お節介は邪魔なだけで

勉強になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました