うんち踏むんじゃねぇ?●山サン!

思い

今日はまったくお呼びがかからない。
いくら暇がいいとしても、(`・∀・)ノイェ-イ!何もすることがないのは
退屈すぎて虚しすぎる。

朝一、待合のエアコンのフィルターを変え洗浄したのみ
こういう時に限って終了前に診察室の扉の動きが悪いとか
こちらの扉も/(^o^)\ナンテコッタイ ピッチに連絡が入ることもある

しかし機械室の椅子を温めている生活
昼食をとるため外に出かける
解体現場の前を通る
暑いねってガードマンのおばちゃんに声をかける
汗だくになりながら鳶サンたちが足場をバラしている
工務店時代を思い出す。

私も30代、バブルも終わりかけの頃
楽しい思い出がよみがえる

職人たちの長、●山さんとよく組まされた
このジジイがやたらパワフルで、ほっとくと何をするかわからない
ある雨の朝、私が軽トラに材料を運んでいるとき

とつぜん●山さんが○○と私の名前を呼び、駆け寄ってきた


そして、近くにあった、ワンコのウンコのワンこのウンコΣ(゚д゚lll)

長靴で思い切り踏みつけた!!

 

 

 

ウンコは飛び散り 周りにいた職人たちも驚き飛び逃げた

 

 

 

●山さんはガハハハハ豪快に笑っていた

 

この方、他にも乾燥したワンコのウンコ・ウンコのワンコ良い響きだなと感じています。
素手で掴み投げてくるという技もあった。
また卵がすきで朝からゆで卵を数個食べてくるのですが
移動中の狭い軽トラ内で強烈なオナラをかましてきます

歩いている山下清を見たことがあるっていうから

もぅ亡くなっているだろうな
あの豪快さはハンパなく、暇だから思い出してしまった

今日は下品なお話で失礼しました。

賃金は安いけど健康・雇用保険等もあるし

暇なんて贅沢な話です

 

明日も良い日!!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました